BMW R1150GSで行くツーリング

ホーム > ツーリング > 初夏の箱根

BMW R1150GSで行く初夏の箱根
【5月21日(日)】
ゴールデンウィークの東北ツーリングで、オートバイが泥だらけになっている。普段、滅多に洗車はしないが、今回は、さすがに汚すぎる。洗車をせねば。あと、走行距離が40,000Kmを越えたので、1万キロ毎の点検に出さないと。最近、仕事が大変だから、ちょっと走って気晴らしもしたいなぁ。今日、何をやろうかと思いながら駐車場に向かった。
駐車場に来て、オートバイを見ると、これまでの考えなど関係なく、走りたくなってしまった。箱根辺りまで、ちょっと走って、その後、帰ってきてから洗車をしよう。点検は、またでいいや。
季節が中途半端なせいか、東名は混んでいなかった。小田原厚木道路も、箱根方面の出口で少し混んでいたくらい。それにしても、ハイウェイカードが使えなくなってから、料金所の支払いが不便だ。クレジットカードを使うようになったが、オートバイの場合、何かも剥き出しなので、無くしそうで怖い。
芦ノ湖までは、旧道を走った。芦ノ湖に行く際の一般的な道路である国道1号線と比べると、こじんまりとしていて、また、時々、生活感を感じられるところがある点で、こちらの方が好きだ。
小さなコーナーを重ねながら高度を上げて行く。道路を覆う新緑が意外にいい。東北や信州の新緑には及ばないが、結構、きれいだ。
旧道の後半は、大きなヘアピンカーブが連続する。そこを抜けて、しばらくすると、峠の茶屋がある。休憩しようかと思っていたが、人が多いのでパス。峠の茶屋には、藤の花がきれいに咲いていた。
芦ノ湖畔を経由して、芦ノ湖スカイラインに来た。ここは、芦ノ湖の西岸の尾根に沿った快速ルートだ。料金所を過ぎてしばらく走ると、展望所があるので、そこで休憩。こんなにたくさんあるのかというくらいのオートバイが停まっていた。ここからの芦ノ湖の景色は、空気のせいもあるのか、見ていて気持ちがよくなる。駒ヶ岳の景色も、迫力があっていい。
話は変わるが、ここでは、なぜか、ヤギが飼われている。展望所にある店の人が飼っていると思うのだが、20年くらい前からいるような気がする。ということは、今いるヤギは、当時のヤギの子供なのだろうか。
さて、出発。この道路は、高速コーナーが連続していて、走っていて気持ちがいい。オートバイが多いはずだ。といっても、週末は、すぐ、前の車に追いついてしまうのだけど。
引き続き、箱根スカイラインに入る。この道路は、芦ノ湖スカイライン程、道がいいわけではない。また、時間的なメリットがあるわけでもないので、滅多に走らないが、今日は、まぁ、いいか。
あっという間に、箱根は終了。あとは、御殿場から東名に入る。都内に来てから、イエローハットで洗車用のタオルを買って、3時前に駐車場に到着。5時間程のツーリングでした。
次は、洗車。2年振りくらいか、ハハハ。2時間程洗って、大分きれいになった。それにしても、BMWは、部品の品質が高いのか、しばらく洗車をしなくても、洗えば、かなりきれいになる。前に乗っていたホンダのオフロードバイクは、少し放っておくと、すぐ錆が出たのとは大分違う。
さて、ホイールはまだだけど、今日はこんなものかな。きれいになったオートバイを満足気に眺めていると、気がついた。今月、車検じゃん。忘れてた...
芦ノ湖
芦ノ湖スカイラインからの景色

芦ノ湖
元箱根方面の芦ノ湖

ツーリング | キャンプ場ガイド | BMW R1150GS | 本棚 | その他旅行記 | 過去の雑記 | リンク
(c) Copyright teruyuki 2005-