BMW R1150GSで行くツーリング

ホーム > ツーリング > 2004北海道

BMW R1150GSで行く2004北海道キャンプツーリング
【7月19日(月)】
テントを撤収する前に、オンネトーに行く。いい天気だ。風が全くない。湖面には、周囲の森がくっきりと写っている。しばらく湖を眺めて、目に景色を焼き付ける。
今日は、夕方3時に、オートバイを苫小牧の運送会社に預けて、自分は、18:30の千歳発の飛行機で、一足先に東京へ向かう予定だ。
名残惜しいが、オンネトーを出発。途中、札幌に寄りたいところがあるので、富良野経由で行くことにする。
またまた、道路の脇のサイレンを鳴らされて、びびったりしながらも、順調に足寄を過ぎる。途中、交差点の標識に、上士幌の文字が目に入った。三国峠を走りたかったのだが、時間的に難しそうなので、諦める。ここは、原野を貫く豪快な道路で、久しぶりに走りたかったのだが、仕方がない。
足寄の先は、時間の節約のために、池田インターから高速道路に入った。帯広近辺の渋滞を避けたいのだが、巡航するスピードは、市街にでも入らない限り、一般道路も高速道路もあまり変わらない。地元の人は、滅多に使わないだろうなぁ。
休憩をしたサービスエリアで、改めて地図を確認すると、旭川に抜けて高速道路を使えば、三国峠へ行けたかもしれない。ちょっと、後悔...
十勝地方は、いい天気だ。
オンネトー
早朝のオンネトー。今朝は、風が全くない
高速道路を降りた後は、狩勝峠を越える。狩勝峠で、今回、最初で最後のとうもろこしを食べたが、いまいち。塩水で茹でているみたいだが、しょっぱすぎ。富良野まで我慢すればよかった。今日は、これが昼ご飯だ...
途中、かなやま湖を通ると、ラベンダーがきれいに咲いている公園があったが、暑くなってきたので、停まる気がしない。
富良野に近づいてくると、車の数が増えてきた。所々、渋滞がある。暑い。ホクレンで、今回、最後の給油をする。そういえば、ここ、前にも来たことがあるなと思いながら、スタンドに入った。あの時も、暑かったような気がする。
給油をしてくれるお姉さんと最近の天気の話をすると、暑さ・寒さの差が大きいとのこと。自分の体験も考えると、寒暖の差の激しさは、ここだけの話ではなかったようだ。最後に、旗をもらう。これで3色揃ったかなと思ったら、既にもらった青色の旗だった。あらら。結局、今年は、2色でおしまいだ。
富良野駅の近くまで来ると、さらに、渋滞が激しくなってきたので、内地のようにすり抜けをする。こりゃ、東京と同じだね。少し、富良野の観光地にでも寄っていこうかと考えていたが、車の多さに断念。国道38号線に折れると、富良野へ向かう対向車線は、ずっと渋滞が続いている。札幌ナンバーが多い。3連休で遊びに来ているのだろう。
芦別、歌志内を経由して、奈井江砂川インターから高速道路に入った。芦別、歌志内ともに、札幌に近いせいか、道東の街に比べると、想像したより大きく感じた。
途中、上陸した日に立ち寄ったパーキングエリアを横目でながめながら通り過ぎる。岩見沢近辺は、横風がすごかった。左側に壁がない部分に来ると、一車線ぶん、横に持っていかれそうになる。怖い。これまでも、この周辺は風が強かった記憶があるが、いつも、こんな感じなのだろうか。
札幌市内に入り、少し迷ったが、目的地に到着。そこは、バイク屋で、4年前に、今回のようにツーリングをしている際に、偶然知ることになった店だ。
当時、店員の皆さんは全員BMWに乗っており、また、店のオーナのご実家が自分の実家に近かったなんて偶然もあり、それ以来、メールで、時々、オートバイの相談などもさせて頂いていた。
当時は、店を始めたばかりで、店の中はがらんとしていたが、今は、すっかり立派になっていた。お客さん同士が話をできるスペースには人がいっぱいで、ひっきりなしにお客さんが来ている。活気があって、雰囲気がとてもいい。店員の皆さんは、とても親切で、オーナの人柄が表れているような店になっていた。
オーナが居られたので、忙しい中、30分ほど会話をさせて頂いた。4年ぶりなので、最初は、自分が誰だか分からなかったようだが、思い出してくれました。日々の苦労や北海道のオートバイ事情に関して、いろいろ教えてもらった。BMWの正規ディーラにもなったとのことで、今後も、ますます、発展するんだろうな。人ごとながら、とても、嬉しかったです。
もっと、話をしていたかったが、もう、時間がない。名残惜しいが、出発だ。時々、イベントの案内を送って頂いてもいるので、今度は、飛行機ででも来ようか。

再び、高速道路に乗る。さて、苫小牧は、もうすぐだ。北海道の残り時間もあと僅か。噛みしめながら行くことにしよう。

<<前へ  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /10
ツーリング | キャンプ場ガイド | BMW R1150GS | 本棚 | その他旅行記 | 過去の雑記 | リンク
(c) Copyright teruyuki 2005-