オートバイで行くキャンプ場ガイド

ホーム > キャンプ場ガイド > 九州

オートバイで行く九州キャンプ場ガイド さんさん富江キャンプ村白岩崎キャンプ場宮崎白浜オートキャンプ場屋久島青少年旅行村

九州

Last updated on 2004/5

福江島
白岩崎キャンプ場からの夕陽
さんさん富江キャンプ村
キャンプ場
内容

(1)
さんさん富江
キャンプ村

(2000/5)

五島列島の中心といえる福江島にある、設備の整ったキャンプ場。富江市街が近く、買い出しも楽だが、店が閉まるのが早いので要注意。というより、これが普通なのかもしれない。しばらく前の北海道も同じように夜が早かった。コンビニの便利さで、感覚が麻痺してしまったのか。
さんさん富江キャンプ村
サイトはきれいに整備されている。
<買い出し>
富江の市街が近い。
<温泉>
近くに温泉がある。

(2)
白岩崎
キャンプ場

(2000/5)

天草下島の西北に位置する富岡にあるキャンプ場。地図を眺めると、富岡は、下島から突き出した「島」の中にあるように見える。実際、この「島」は大昔は本当の島であり、沿岸流の影響で今のような形になったらしい。ちなみに、この「島」には富岡城跡があるが、この城は、島原・天草の乱の際には、一揆側の攻撃の対象となった。
キャンプ場は、海から少し上がった高台にあり、島の西側に位置しているので夕陽がきれいだった。作り付けのテーブル・イスがあり便利。サイトは狭いが、きれいに整備されている。
白岩崎キャンプ場からの夕陽
キャンプ場から眺めた夕陽。
<買い出し>
近くにスーパーがあり、遅い時間でなければ、問題無いと思う。
<温泉>
オートバイで20分程の所に、下田温泉がある。

(3)
宮崎白浜
オートキャンプ場

(1998/5)

宮崎市内から近く、海のすぐそばに位置するオート・キャンプ場。普段はオート・キャンプ場には近付かないようにしているが、東京からフェリーを使って宮崎に上陸すると、宮崎到着時刻が夕方4時頃になるので、仕方なく泊まることになった。さすがにオート・キャンプ場だけあり、設備も整い、また、できて新しいのか、とてもきれいだった。サイトあたり\3,000と高いが、サイトには、一人用テントならば、三つくらいは張れるので、複数の人数で行く場合にはそれ程高くはならない。管理人の愛想もよくて、好印象を持った。
<買い出し>
宮崎市内から近いので、どうにかなる。
<温泉>
近くの青島温泉のホテルで入れる。

(4)
屋久島青少年
旅行村

(1998/5)

屋久島の西南にある、こじんまりとしたキャンプ場。住みついていると思われる人達もいたくらいなので、居心地はいい。それにしても、なぜ青少年という名称が付くのか、よくわからん。
屋久島の縄文杉
縄文杉。登山のためのベースとして、このキャンプ場を利用した。
<買い出し>
右記の温泉近くにスーパーがある。
<温泉>
オートバイで10分程の所に温泉が幾つかある。自分は、国民宿舎屋久島温泉を使ったが、海の眺めがとてもいい温泉だった。
ツーリング | キャンプ場ガイド | BMW R1150GS | 本棚 | その他旅行記 | 過去の雑記 | リンク
(c) Copyright teruyuki 2005-