ホーム > 本棚 > 禅とオートバイ修理技術

禅とオートバイ修理技術
(ロバート M.パーシグ、めるくまーる)


禅とオートバイ修理技術□ネット上の関連情報

本書で描かれるのは、1968年7月に、ミネアポリスからサンフランシスコへ、17日間で行われたツーリングになる。当然、アメリカでの話になるが、地理感がないので、どうも、ツーリングのリアルなイメージが湧かない。地名を知らないので、ルートが分からないし、道路の状況も想像できない。周囲の景色のイメージも全然ない。
で、ネットで調べてみると、結構な情報がある。

まづ、Wikipedia。(Zen and the Art of Motorcycle Maintenance)
このページによると、著者が乗っていたオートバイは、1964年式のHonda Superhawk CB77らしい。このツーリングには、友人夫婦のジョンとシルビア、息子のクリスと本人の計4人が、オートバイ2台で行っている。で、友人夫婦の乗っているオートバイはBMWという説明はあるのだが、本人のは何故かない。本書では、オートバイのメンテナンスの話がしつこいくらいに出てくるので、これは知っていた方がいい。
話を元に戻して、ルートに関する情報を探すと、このWikipediaのリンク情報の部分に、そのものずばりのリンクがあった。(ZAMM Travel Route)
ページを見れば、一目瞭然。当時のルートと、どうやって調べたのか、泊まったホテル名やその住所まで記載されている。このページのオーナーは、このルートを、著者のツーリングの10年後、本書の出版の4年後に、奥さんと一緒に辿ったらしい。
さらに、この住所をGoogle Mapsで検索すると、なんと、まだ、現役のホテルがある。また、衛星写真で、道路周辺の地形や街の様子まで分かるので、様々な描写にもイメージを持つことができる。ちなみに、以下は、第一部で泊まったホテル。どちらも、現存しているようだ。

1日目:E&I Motel
3日目:Olive Hotel
(2日目はキャンプ泊で、詳細の住所情報なし)

次は、ZAMM Travel Routeのリンク情報のページにあったZMM Quality。このページには、様々な情報があるが、興味深いのが、Photo Gallery。ページを開くと、幾つかの写真と説明があって、一番上の写真をクリックすると、なんと、1968年のツーリング時の実際の写真を見ることができる。12枚あるが、これが当時の写真で残っているもの全てらしく、著者本人から送られてきたようだ。本文中の記述そのままの写真もある。
その下が、このサイトのオーナーが、2002年の夏に、著者と同じルートを辿った時の写真。変わっているところも多いのだろうが、これで、まぁ、当時のツーリングの風景をイメージすることができそうだ。
あと、オマケだが、全ての原文が掲載されているサイトもある。

本編
第一部 〜 古典的な理解とロマン的な理解
第二部 〜 科学は本当に正しいのか
第三部 〜 <<クオリティ>>の探求
第四部 〜 パイドロスと筆者親子の運命

雑記より移行(07/2/28)

ツーリング | キャンプ場ガイド | BMW R1150GS | 本棚 | その他旅行記 | 過去の雑記 | リンク
(c) Copyright teruyuki 2005-