ホーム > 過去の雑記 > 2007年12月前半

2007年12月前半

12月13日(木)

■ツアランススーツ

ツアランススーツ冬用のジャケットを、久しぶりに買い替えた。
これまで使っていたのは風魔プラス1のジャケット。風魔のウェアは、販売がモンベルに移管されたので、風魔ブランドのジャケットは今はない。昔の写真を見返すと、どうも、99年に買ったようなので、8年使っていたことになる。
買い替えの動機は、これだけ着続けたので、大分、汚くなってきたのと、パッドが入ったジャケットが欲しいと思ったため。これまでは、「いかにも、ライダーです」という格好はあまり好みではなかったので、アウトドアっぽい感じがするオフロード系のウェアを選んでいた。が、先日のノリックの件もあり、気休めなんだろうけど、パッドが入っているものを着ようと思った。年をくって、段々、オートバイが怖くなってきたのもかもしれない。

で、選んだのが、BMW純正のツアランススーツ。BMW純正というのも馬鹿みたいだけど、昨年の北海道ツーリングの際に立ち寄ったバイク屋で、純正ウェアの性能の高さを聞いてから、ずっと、興味を持っていたのだ。自宅での洗濯まで考えられているというのが、よく分かっているよなぁ。
そこで、純正ウェアには、たくさんの種類があるのだが、ツーリングが主体の自分のスタイルに一番合いそうだったのが、このツアランススーツ。BMWのロゴが目立たないのもいい。かなりの値段なので、迷ったのだが、都内のディーラーに実物を見に行ったら、2割引というのもあったので、買ってしまったよ。

これまで、2回走ったのだが、性能はなかなか。特に、ライディングの姿勢に合わせて立体的に作られているのがこんなに快適だとは知らなかった。冬用なので、持つとかなりの重さなのだが、着ている間は、それ程感じない。以前のジャケットより、疲れが減る気がする。
保温性能も、これまでのところ問題なし。一番寒いのが富士山スカイラインで、気温は5度以下だったと思う。ジャケットの下は、Tシャツとハイネックのシャツの2枚だけだったが、寒さは感じなかった。まぁ、走っている時間が短かったのもあるのだろうけど、それでも、真冬だって、もう一枚下に着れば十分という感じ。

今のところ、不満があるとすると、ポケットの数が少ないくらいかな。
今年の冬はオートバイに乗る回数が増えそう。

ツーリング | キャンプ場ガイド | BMW R1150GS | 本棚 | その他旅行記 | 過去の雑記 | リンク
(c) Copyright teruyuki 2005-