ホーム > 過去の雑記 > 2006年10月後半

2006年10月後半

10月26日(木)

■リコー Caplio R5

最近の信州東北のツーリング・レポートで、やたらと写真が多いのには訳があって、デジカメを新調しました。
これまでは、今はなきコニカミノルタのF100という機種を使っていたのだが、写真の隅に、しみのようなものが出るようになってしまい、もう、5年近く前に買ったものなので、修理よりは新しいものを買おうと考えた。
自分のデジカメの使い方は、ツーリングでの使用が中心なので、被写体は、ほとんど、景色になる。撮った写真は、Macのモニタでのスライドショーと、このホームページで使う程度。あと、たまに、L版サイズで印刷。
一方、最近のデジカメの動向では、一眼も、結構、メジャーになりつつあるようだが、ツーリングに持っていくにはサイズが大きすぎるので、コンパクト・デジカメで必須機能を考えた。
まづ、景色を撮るので、28mmが欲しい。ズームも必須。あと、花のアップ等でマクロも使いたいので、手ブレ防止機能も欲しい。
これだけで、機種はかなり絞られるが、さらに、メーカーは、やっぱり、カメラメーカーがいいので、キャノンのIXY 900ISかリコーのCaplio R5となった。
ネットで両者の評価を調べると、900ISは全般的によくできているようだが、28mm対応の影響か、サンプルの隅がぼやけて、流れるように見えるのが気になる。一方のR5は、マクロやズームの性能はいいが、全般的な完成度があまり高くなく、どちらかというと、マニア受けする機種のようだ。自分には、サンプルの発色が、ぼやっとしているものが多いのが気になる。
実際に、店で触ってみると、質感は圧倒的に900IS。R5は、レンズの動きの音もガシャガシャしていて、全体的に、安っぽい。
が、結局、900ISは、隅の流れるような画像が、スライドショーの時に、気になりそうだったので、R5を購入。リコーは、GRシリーズというコンパクトカメラの名機を作ったところでもあり、また、自分が、以前、使っていたリコー製の銀塩コンパクトカメラの画質がなかなかよかったので、まぁ、いいでしょ。発色だって、これまで使ってきた5年近く前の機種よりはいい筈だ。
で、以下は、2回のツーリングで使った感想です。なお、自分はカメラに関しては、露出やホワイトバランスという言葉は知っているが、実際の設定は、ほとんど、したことがない素人。R5のファームは、V1.42。サンプル写真の加工は、リサイズのみです。
まづ、カメラの操作感に関しては、文句なし。F100と比べると、R5のキビキビした動作は、感動もの。スイッチを入れて、すぐに撮影できるので、つい、バシャバシャ撮ってしまう。
が、肝心の画像に関しては、ちょっと、不満あり。まづ、ネットでも言われていたが、画像が緑っぽいのが気になる。これは、全ての画像ではなく、どうも、画角の中に、テーマとなるような、はっきりした対象がない時で、漠然とした景色の場合に、そうなりがちな気がする。下の写真は、八ヶ岳パーキングから撮った田んぼだが、全体的に、なんとなく、緑っぽくなっている。このサイズだと、あまり気にならないかもしれないが、Macの画面一杯に広げると、緑色を感じる。

次は、赤系の発色。以下が、鳥海山の紅葉の写真を、F100とR5の両方で撮り比べたもの(上がF100、下がR5)。実際の色を思い出すと、F100の色は、ちょっと、どぎついようにも思うが、R5の方は、緑っぽくはないのだが、くすみ過ぎ。やっぱり、漠然とした景色の時が、イマイチなのかなぁ。

F100で撮った鳥海山の紅葉

R5で撮った鳥海山の紅葉

ただし、はっきりとした色や対象がある場合の発色はいいと思う。下は、湯殿山本宮の鳥居になる。朱色のつやっとした感じが出ていると思う。

湯殿山本宮の鳥居

マクロに関しては、もう、これは、驚き。細かいところまで、非常にリアル。これぞ、700万画素の威力か。発色も非常にいい。また、手ブレ防止機能のおかげで、三脚がなくても、ブレずに、結構、撮れてしまう。

R5で撮った鳥海山の紅葉

まとめると、この機種は、いい写真とそれ程でもない写真の差が大きいと思う。素人には、ちょっと、敷居が高い感じ。想像するところ、キャノンの場合は、全体的に、平均点が高く、失敗作が少ないのかもしれない。R5が、マニア受けするのが分かる気がする。
それにしても、自分のような使い方だと、ほぼ5年前の機種と比べて、最新の機種の方が画像がいいとは言い切れないのに驚いた。画素数はどんどん上がっているが、A3のような大きなサイズで印刷する需要がそんなにあるのか。デジカメ業界は、「イノベーションのジレンマ」に入り込んでいるのだと思う。任天堂のように、スペックではなく、もっと本質的なところに訴求する商品を出すべき。
さて、自分は、これから、F100を修理に出した上で、しばらくは、両機種を持ち歩くことになりそう。その場合、R5は、マクロとキビキビした操作性を活かすのかな。そうして、これを機会に、露出等のカメラの基本的な使い方を憶えたい。


10月22日(日)

■数値地図ビューア

数値地図ビューアで作成した月山周辺の景観前回の雑記で、数値地図ビューアで作成した月山周辺の景観を載せた。基本的な展望図の作成までは、マニュアルにある通りで、スムースに行ったが、山の見た目が、標高毎に決められた色で塗られるだけなので、イマイチ、リアリティがない。そこで、実際の地表の画像を、テクスチャマッピングという方法で貼付けると、右図のような、それらしい絵になる。
が、このステップの調べ事が多く、結構、作成が面倒だったので、メモ代わりに、その方法を書いておきます。

作業は、大きく、(a)地表画像の入手、(b)数値地図ビューア用データの作成、(c)数値地図ビューアへの取り込み・表示、に分かれる。

(a)地表画像の入手
これには、ランドサットのデータが利用できる。Global Land Cover Facility(GLCF)Earth Science Data Interface(ESDI)を使用して、ダウンロードする。

(1)ESDIのページにある「Map Search」をクリックすると、以下のような画面が現れる

Earth Science Data Interface(ESDI)

(2)画面左上にある「Landsat Imagery」の部分で、「TM」をチェックする。ここでは、ETM+,TM,MSSが選べるが、これは、ランドサットが積んでいるセンサーの種類で、それに応じた画像を検索するための条件になる。この作業では、ステップ(b)で使用するLSMixerというアプリケーションが、TMのデータを前提にしているので、TM(だけを)を選ぶ。

Earth Science Data Interface(ESDI)(3)世界地図の部分で、画像が欲しい地域の辺りを何回かクリックして、適当な位置・サイズにする

Earth Science Data Interface(ESDI)(4)地図の左上にある、矢印に+が付いたボタンをクリックして、画像が欲しい領域を選択すると、図のように枠が表示される。領域の選択は、このボタンと、隣にある矢印に-が付いたボタンを切り替えて、追加/削除ができる。

(5)欲しい領域が選択できたら、地図の下にある「Preview & Download」をクリックすると、以下のような画面が出てくる。内容を簡単に説明すると、まづ、表の部分に[ WRS: P/R ]という列があり、下図の場合、その値は、「2: 107/033」とある。この107と033は、Path/Rowと呼ばれる数値で、これは、地球の表面を分割した上でこの領域に付けられた番号で、この番号を憶えておくと、今後、同じ領域の画像が欲しい場合には、画面上部のメニューにある「Path/Row Search」を使って簡単に検索ができる。
次が、Typeの列で、下図では、GeoTIFFになっている。これは、画像のフォーマットを表しているらしく、同じ領域に複数のフォーマットのデータが存在し、それに応じて複数行が検索される場合があるようだ。が、ここでは、LSMixerがGeoTIFFを前提にしているので、複数表示された場合は、GeoTIFFの画像をダウンロードする。

Earth Science Data Interface(ESDI)

(6)Downloadボタンを押すと、以下のような画面が現れる。今回は、この中で、○○_nn1.tif.gz〜○○_nn3.tif.gzの三つのファイルをダウンロードする。画面下部には、nn1〜7と、7種類のファイルがあるが、ちなみに、これは、TMのバンド(観測する波長帯、このページの下の方に各バンドの一覧がある)毎の画像に対応している。ここでは、バンド1,2,3の画像をダウンロードしていることになるが、これも、LSMixerが、この画像を前提にしているため。

Earth Science Data Interface(ESDI)

(b)数値地図ビューア用データの作成
数値地図ビューアの作者が提供しているLSMixerを使用する。

(1)LSMixerを、ホームページからダウンロードして、インストールする。

(2)ここから先は、同梱されている「初めにお読み下さい」にある通りに操作すれば、特に問題ないと思う。一点だけ補足すると、LSMixerの画面にあるプレビューに表示される画像は、かなりノイズが多く見えるが、実際のファイルは、そんなことはないので気にしなくてよい。
次のステップのために、データ作成後も、LSMixerは終了させないでおく。

(c)数値地図ビューアへの取り込み・表示

(1)数値地図ビューアで、(b)で作成したデータを読み込む

数値地図ビューア(2)画像ファイルリストというウィンドウが表示されるので、そこにある「テクスチャーマップを設定」ボタンをクリックする。表示される画面の座標欄には、LSMixerの画面にある「画像情報」ボタンをクリックすると表示される数値を、そのまま入力する。めんどくさ...
後は、「黒い部分は除外する」をチェックする。また、「アンチエイリアシングを使う。」はチェックして置いた方がきれいに描画される。

数値地図ビューア(3)いよいよ、展望図を描く。「展望図の作成...」を選択すると表示される「展望図の設定」画面で、「描画条件の設定」ボタンを押す。表示される画面で、右部分にある「テクスチャーマッピングを使う」をチェックする。山名を表示したい場合には、事前に、同梱されている「日本の主な山.YMD」を読み込み、「やまおたくデータを描画する」をチェックしておく。
なお、同梱されていたファイルには、姥ヶ岳と湯殿山が入っていなかったので、自分で追記した。テキストファイルなので、少ない数ならば、追加は簡単。
確定ボタンを押して、戻った画面で作成ボタンを押すと、テクスチャマッピングされた画像が生成される筈です。

下は、先日の信州ツーリングの際に、美ヶ原から見た浅間山と数値地図ビューアで作成した浅間山になります。形がそっくり。

野尻湖 野尻湖近くの村

10月19日(木)

■数値地図

月山周辺この週末は、またもや、鳥海山近辺でキャンプをしてきた。で、レポートを書くために、撮った写真を整理していたのだが、改めて、月山の写真を見て、思った。どれが、月山だ?
右の写真なのだが、山が三つ写っている。自分は、月山の山容が、「お椀を伏せたよう」であると、どこかで読んだ記憶があったので、真ん中の山が月山だと思っていた。ゴールデンウィークに撮った冠雪した写真では、この山は、さらに、お椀を伏せたように、なだらかな形をしていた。が、今回の雪のない写真を見て、右側の山の方が高いことが気になった。

調べようと思って、地図を見ても、地図の平面的な情報を、頭の中で、立体的な形に写すことは難しく、どれがどの山なのか、よく分からない。そこで、山容を立体的に見ることができるアプリケーションがないかと調べていると、カシミール3Dに当たった。このソフトは、GPSデータの処理だけでなく、標高情報を持っている地図データを使って、3次元の描画もできるらしい。すごい多機能。で、お試し版のデータを使って、少し触ってたが、Virtual PC上で動作させるには、ちょっと重い感じ。まぁ、3次元データを扱うのだから、仕方ないだろう。

が、DirectX関係でもエラーが出て気持ち悪いので、Mac版のアプリケーションを探すと、数値地図ビューアというソフトを発見。早速、ダウンロードして、立ち上げてみるが、動作させるためには、国土地理院発行の数値地図が必要とのこと。
その中でも、3次元表示をさせるために一般的と思われる数値地図50mメッシュ(標高)は、日本を、北海道/東日本/西日本の三つに分けており、各々が、\7,500と、少し高い。が、フリーのデータも無さそうだし、今後もいろいろと使えそうなので、買ってみた。自分は、渋谷のブックファーストで買ったが、リンクされているページを見ると分かる通り、大きめの本屋ならば置いているようだ。

数値地図ビューアで作成した月山周辺の景観この地図を使って、数値地図ビューアで、写真を撮った景観をシミュレーションした画像は、右の通り。上の写真と比べて分かるように、雪等の色合いを除けば、ほぼ同じ景観だ。
まぁ、当たり前と言えばそうなんだろうけど、よくできているなというのが初めての感想だ。
雪に関しては、テクスチャマッピングに使用したランドサットの画像データが、たまたま、雪のある季節に撮られたものだったから。

で、結果は、月山は、一番右の山でした。月山と勘違いをしていた真ん中の山は、字が小さくて見えないかもしれないが、姥ヶ岳で、その左は湯殿山らしい。画像には、月山の山名は入っていないが、これは、角度の関係で、頂上が見えていないためだと思われる。というのも、実際の頂上はもう少し奥にあるようで、数値地図ビューアの機能である「可視領域の描画」を使うと、その事情がよく分かる。

数値地図ビューアで作成した月山周辺の可視領域左がその描画結果で、紫色の部分が、下の方にある白い扇型の根元に置いた視点から見える範囲になる。これで、月山の山頂は見えないことが分かる。

これ、おもしろい。いろいろ使えそう。

ツーリング | キャンプ場ガイド | BMW R1150GS | 本棚 | その他旅行記 | 過去の雑記 | リンク
(c) Copyright teruyuki 2005-